海洋観光大学、東日本キャンパス 教育旅行研究大会

「子どもと海。いのちを育む青函の旅」のプランを募集します!

※対象地域:青森県・道南エリア他東日本エリア広域連携でも可能です。
(但し、商品実現性の観点から日帰り~2泊程度として研究テーマを探掘して下さい)

教育旅行研究大会2016 結果発表はこちらから

1.概要

本大会は説明会(事前講座)、プラン作成、研究大会で構成されます。各地開催の説明会で函館の基礎知識とテーマを学んでいただきます。
その後プランを作成、事務局宛、メール送信(後日連絡)にて提出。
プラン提出後一次審査を経て本選選出の8チームでプレゼンテーションを行います。
審査の主な観点は集客力、実現性、次世代への学び効果を評価します(現在フィールド審査有りの場合は加点要素)。
優秀なプランはJTBにて商品化を検討します。

【2015年度 事例】http://www.enjoy-setouchi.jp/special2/(瀬戸内キャンパス実施例)

※現地フィールド調査は必要ではありませんが、地域自治体等へのヒアリングや情報検索等研究成果を高めるアクションを推奨します。

2.参加資格

  1. 国内の大学に在学する観光や地域づくりに興味のあるゼミ単位で構成されるチーム、または系統のサークル。(本選ステージ登壇は3名迄)
  2. 指導教職員(1名)がいること。
    (指導教職員は、ゼミ・研究室の担当教員に限るものではありません。)
  3. 飛び級としての高校生の参加も可能ですが、大学生同様に(1)(2)の条件を満たして下さい。
    (本選日が平日のため、パネルでの研究事例紹介になる場合があります)

3.スケジュール

エントリー

6月中旬~8月8日(月) 17:00
エントリー締切日時:8月8日(月) 17:00

エントリー申込要領

■お申し込みに際して、JTB北海道個人情報方針を下のURLよりご参照の上お申し込みください
「個人情報の取扱いについて」

宛先

海洋観光大学東日本キャンパス事務局
担当:東海林(JTB北海道函館支店内)
Eメールアドレス: s_shoji621@hkd.jtb.jp
FAX:0138-56-6898

説明会

7/5(火)【函館】 函館市地域交流まちづくりセンター(18:00~19:00)
函館市末広町4番19号
7/6(水)【札幌】 TKP札幌ビジネスセンター(18:00~19:00)
札幌市中央区北3条西3丁目1-44 ヒューリック札幌ビル
7/11(月)【仙台】 TKP仙台西口ビジネスセンター(18:00~19:00)
仙台市青葉区本町1-5-31 シエロ仙台ビル6F
7/12(火)【青森】 青森県労働福祉会館(17:30~18:30)
青森市本町三丁目3番11号

宛先

海洋観光大学東日本キャンパス事務局
担当:東海林(JTB北海道函館支店内)
Eメールアドレス: s_shoji621@hkd.jtb.jp
FAX:0138-56-6898

発表資料提出締切

8月19日(金) 17:00

プラン応募について

  1. エントリー期間中にエントリーをしたチームのみ応募ができます。

  2. 応募の締切は、2016年8月8日(月)17:00です。

  3. 応募には、以下の書類を提出してください。

    ※書類作成について、まずコチラの注意事項を必ずお読みください。

    重要 提出書類に関する注意事項

    1. プランの概要がわかる、A3サイズ1枚の企画シート

      PPTフォーマット

      参考例
      ※昨年度、瀬戸内キャンパスの例

    2. プランの説明を800文字以内にまとめた文書

      XLSフォーマット

      参考例
      ※昨年度、瀬戸内キャンパスの例

    3. プランのプレゼンテーション用スライド(表紙と目次を除く8枚以内)

      PPTフォーマット

      参考例
      ※昨年度、瀬戸内キャンパスの例

    上記3つの書類データをメールに添付して、事務局宛アドレス(s_shoji621@hkd.jtb.jp)に送付してください。

一次審査

8月23日(火)
審査後エントリーチームへ結果連絡(代表者宛メール送信予定)

商品化

2017年3月予定
【2015年度大会参考】 http://setouchi-campus.jp/(瀬戸内キャンパスの例)

4.本選の日時・会場

日時:
2016年9月10日(土) 10:00~18:30
会場:
函館大学
http://www.hakodate-u.ac.jp/access/

5.表彰(賞の1例)

最優秀賞
1点
優秀賞
2点
審査員特別賞
1点

各チームトロフィー及び副賞(旅行券予定)

6.審査方法

産学官の有識者からなる審査委員会で、各チームの策定したプランについて審査します。

【審査委員(予定)】

主催団体、国土交通省、北海道旅客船協会、大学関係者、JATA 他

※詳細は後日ホームページにてお知らせいたします。

7.意見交換会

日時:
9月10日(土) 18:30~20:00
会場:
函館大学 施設内

表彰式終了後、参加者と審査関係者、地域観光事業関係者との意見交換会を開催します。
(食事と飲み物を用意します)

8.留意事項

審査基準

一次審査

審査の観点 詳細 配点
新規性・独創性 現在、実用化(商品化)されていない資源を発掘・活用しているか 20点
理解度・構成力 テーマをよく理解し、完成度の高い構成になっているか 20点
効果 教育効果や子どもの笑顔が想像できる企画となっているか 20点
実現可能性 提案内容は実現可能なものか 20点
パフォーマンス 企画提案書は効果的で、訴求力があるか 20点
+査定(加点) フィールドワーク(現地調査)を実施したか (10点)
合計100点+α

最終審査

審査の観点 詳細 配点
新規性・独創性 現在、実用化(商品化)されていない資源を発掘・活用しているか 20点
理解度・構成力 テーマをよく理解し、完成度の高い構成になっているか 20点
効果 教育効果や子どもの笑顔が想像できる企画となっているか 20点
実現可能性 提案内容は実現可能なものか 20点
パフォーマンス プレゼンテーションは効果的で、訴求力があるか 20点
合計100点